Savvy recruitment

風俗求人の体験入店と本入店の違い

エステの広告に体験と書いてあると、初回の料金が無料だったり通常料金より安かったりする場面を想像するかもしれません。ホテヘル求人の体験入店は、別に無料で風俗遊びを体験できるという意味ではありません。これも仕事の契約の一種です。
体験入店の対象者はコンパニオンです。送迎ドライバーや店舗スタッフは体験目的で入店することはできません。なぜコンパニオンだけ体験入店を認めているのかというと、応募しやすくするためです。体験入店の契約期間はどれだけ長くても1ヶ月です。ほとんどの店は1日としています。体験入店で契約を結んだら1日でお店を辞めてもいいのです。せっかく雇ってもらったからといって、嫌々、1ヶ月も2ヶ月も働き続ける必要はありません。
本入店は通常の契約です。体験入店との違いをわかりやすくするために、本という文字が先頭に入っています。面接通過後、本入店で契約を結んだ場合、1日で辞めることはできません。無理に頼んでできたとしても、店長等から冷たい視線を浴びることになります。一部のホテヘル求人では、体験入店中のみ全額バックとしているところがあります。全額バックとは、お客からもらったお金をすべて、コンパニオン自身のものにできるという意味です。本入店で全額バックはまずありえません。

注目の記事

Top